温活って体にいいの?発汗作用による血流アップ

お風呂イメージ

普段の体温が下がってしまうと、健康面と美容面に影響が出てきます。特にこれからの時期、風などが流行り始める前に免疫力を高めておきましょう。

体を温める活動=温活

お風呂イメージ

細胞の活性化を促し、肌の艶やハリを長く保つ為には標準的な体温である、36度ぐらいを目安に体温を高めておく事が大切です。基礎体温が1度上がると、免疫力が高まります。代謝が上がり、むくみや肥満の解消にも役立つと言われています。

体温を上げるには、体の中から体温を上げていく必要があります。その方法の1つとして、ハーブティーを飲んだり、適切な方法でお風呂に入ったりする事が手軽でおすすめです。

お風呂で温活

お風呂イメージ

お風呂は、湯船にお湯を少なめに張って、入浴すると発汗作用を促し易くなります。お湯を通常通りに張って入る場合は、効用が期待出来る入浴剤を入れておくと体が温もります。発汗作用を促す事で、体温の調整機能が正常に近づいていきます。

体の不調は体温調整がうまく行っていない事も要因となっているので、体温調整機能を改善する事も美容と健康には良い効果が期待できます。

ハーブティーで温活

ハーブティーイメージ

ハーブティーは、様々なハーブを試して飲んでみましょう。

ハーブの種類によって効果は異なり、代表的なカモミールなどの他、烏龍茶やプーアール茶、ごぼう茶や玄米茶やほうじ茶などが体温を上げるのに効果的なお茶です。また、生姜湯も同様に体を温めるのに適した飲み物となっています。

冷え性のままであると血行が悪くなり、頭痛や肩こりや首こり、胃腸の不調など様々な症状へと繋がっていきます。

それを防ぐ為にも、体温を1度上げるつもりで温活を行っていくと体に良いです。お風呂やハーブティーを飲む事は、日常生活のルーチンに採り入れ易いので、直ぐに実践出来ます。

手軽にできるから

ハーブティーイメージ

生活の一習慣にする事が出来れば、常に意識をする事無く、自然と温活をする事が出来るでしょう。免疫力を高めて、美容と健康に良い影響を与えていく事で、肌の状態をより良くする事が可能です。

健康的にスタイルを整えていくには、体に良い事を採り入れていく事が大切で、温活は無理をせずに、体のあらゆる部分のバランスを取り戻していく事が出来ます。

ハーブとお風呂をうまく組み合わせていくと、日常の中で手軽に体調を整えられます。

ちょっと意識してみてはいかがでしょうか?

関連記事