シャンプーや化粧品に多い、シリコンフリーって結局どうなの?

Silicone Free Shampoo?

シリコン成分が含まれていない化粧品やシャンプーのこと

最近は「シリコンフリー」や「ノンシリコン」を謳い文句にするシャンプーが話題となっており、髪の毛に優しいと多くの人が使用するようになっているのが特徴です。

シリコンは髪をコーティング

従来はシャンプーにはシリコンが含まれているのが一般的であり、髪の毛にハリと潤いを加えるものとして非常に注目されていました。パーマやカラーリングなどから髪をコーティングしてダメージを弱める働きもあります。

シリコン自体には害はありません

シリコンは正確にはシリコーンといい、体に害はありません。ただ、実際にオーガニック成分を多く含んだシャンプーの場合には、その成分を髪の毛に浸透させることが重要なポイントとなっていますが、シリコンがこの吸収を阻害してしまう可能性も指摘されています。

実際にはその商品にシリコンが含まれる率や、洗浄成分とのバランス、オーガニック成分、洗い方などといった複数の要因が絡み合って、起きると考えられます。

スキンケアにはどんな影響が?

化粧品でもシリコンは使われており、どちらかというとメイクを長持ちさせたり、発色を持続させるために使われています。シリコンは一部のスキンケア商品にも含まれており、肌にハリを与える効果を持つとも考えられてきました。

ただ、スキンケアと考えると、浸透性を妨げたり、一部の人によってはアレルギーを生み出す要因でもあることがわかってきたため、シリコンフリーは余計なものを肌に付けないという自然派の方々から支持を集めています。

そのため、現在のスキンケア商品ではシリコンに代わる様々な成分を利用することで、肌荒れを少なくするといった動きもあります。

どちらかというと、シャンプーよりも、化粧品やスキンケア用品の方に、ノンシリコンかどうかを気にかけた方が良いのかも知れません。

シャンプーは専門家への相談も選択肢の一つ

Silicone Free Shampoo?

シャンプーの場合にはシリコンは髪の毛にハリとコシを与えるものであるため、含まれている商品も多いでしょう。

特に髪の毛が細くなっている場合はしっかりとしたハリを与える効果もあるため利用されることも多いのですが、人によっては仕上がりに違和感を感じることもあるでしょう。

これらを上手に使い分けるには、専門家や美容師に相談することも1つの方法であり、自分の髪の毛の状態を診断してもらい、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大事です。

ノンシリコン、シリコンフリーという情報や言葉だけに頼らず、メリットやデメリットを考慮して自分の髪に合ったシャンプーを選択するのがベストでしょう。

補足

シリコン自体が人体に及ぼす影響はないことはわかっています。ヘアケアだけで見ると、髪の仕上がりに違いが現れますが、それは好みによって使い分ければ良いだけの話であって、自分がどういう髪質でどういう髪を理想とするかで変わります。ただ、髪の毛単体ではなく、頭皮や髪の毛が肌に触れたりすることによって起きる影響など、トータルに考えて、肌荒れやスキンケアに活かす事が、より良い美容と健康に結びつくと思います。

関連記事