ソルビトール発酵多糖とは?

美容イメージ

植物原料から作られる美容成分

持続性の保湿効果と即時性の保湿効果

ソルビトール発酵多糖は植物原料から製造される多糖液で、スキンケア化粧品の美容成分にも使われています。

持続性の保湿効果と即時性の保湿効果があり、肌の乾燥を防ぎます。ソルビトール発酵多糖を使ったスキンケア化粧品を肌の手入れに取り入れると、優れた保湿作用によって肌を保護できます。

敏感肌用の化粧品としても

ソルビトール発酵多糖には抗アレルギー作用もあるので、敏感肌用の化粧品にも使われています。 乾燥や紫外線の刺激でダメージを受けると、肌のバリア機能が低下します。

グリーンイメージ

肌のバリア機能

表皮の最上層にある角層にはバリア機能があり、水分の蒸発を防ぎ肌の健康を守っています。 皮脂膜は角層の表面を覆う保護膜で、汗腺から分泌される汗と皮脂腺から分泌させる皮脂により構成されます。

水と油が混ざった皮脂膜は潤いの膜でもあり、外部の刺激から肌を守ってくれます。細胞間脂質は約5割がセラミドで、角層の細胞をつなぎ水分が奪われないようにします。油溶性の潤い成分と水溶性の潤い成分によって、バリア機能が正常に保たれています。

肌のバリア機能が低下すると乾燥が起こり、人によっては炎症や痛みなどの症状が出るケースもあります。

皮膚には保護作用があるので、水分が不足すると皮脂が過剰に分泌されます。 乾燥しているのにオイリースキンになっている場合は、水分不足の可能性があります。

くすみやシワの原因

肌が乾燥してターンオーバーが乱れると、くすみやシワの原因になります。 バリア機能が正常に働くようになると、徐々に健康な肌になって透明感が戻ってきます。

毎日のスキンケアで適切な潤いを与えると、加齢により乾燥が進んだ肌も若々しくなります。 年齢を重ねるとヒアルロン酸やコラーゲンが徐々に減り、肌の弾力が失われていきます。

ソルビトール発酵多糖やヒアルロン酸、コラーゲンが配合された保湿化粧品を使うと手軽にエイジングケアができます。エイジングケアは毎日の積み重ねが重要で、紫外線や乾燥に気を付けながら肌の保湿を続けると本来の健やかな肌に近付きます。

※画像はイメージです

関連記事