植物幹細胞エキスってなに?ヒト幹細胞との違いは?

アンチエイジングイメージ

そもそも幹細胞とは?

近年、植物幹細胞エキスが配合された化粧品を目にする機会が増えてきました。幹細胞とは、細胞分裂により自分と同じ細胞を作る「自己複製」能力と、性質が異なる細胞を作り出す「分化」能力を持った特殊な細胞のことを指します。

細胞の生まれ変わりを助ける作用があると考えられていることから、医療分野だけでなく美容・健康分野でも注目が集まっており、肌のハリを取り戻したり、たるみや毛穴の開きを改善したりする効果が期待できます。

植物由来・ヒト由来の違いは何?

幹細胞りんごイメージ

植物由来の幹細胞について

植物由来のものは、植物が有する幹細胞を培養する過程において抽出したエキスのことで、化粧品に使われている植物は主に2種類です。

1つ目は、収穫から4か月経過しても腐らないことで知られるスイスのリンゴ種。2つ目は、数年間にわたって雨が降らない過酷な環境でも腐らないとされるモロッコのアンガンツリーとなっています。

これら2種類の植物から抽出した幹細胞エキスは、抗酸化作用が非常に高いとされており、保湿力にも優れるとされています。加えて、アレルギー作用が発生するリスクも少ないので、安心安全に使用することが可能です。

ヒト由来の幹細胞について

ヒト由来のものは、人間の脂肪幹細胞から抽出した幹細胞を培養する過程で分泌されたタンパク質成分のことを指します。

ヒト幹細胞には、幹細胞自体は含まれませんが、EGFやFGFといった細胞の成長をサポートしてくれる成長因子が大量に含まれるという特徴があります。

加えて、アレルギー作用が発生するリスクもほとんどありませんが、ヒト幹細胞は価格が高いというデメリットがあります。

2種類の幹細胞の期待できる効果の違い

アンチエイジングイメージ

植物由来とヒト由来の幹細胞の概要となりますが、これら2種類の幹細胞は期待できる効果が異なります。

まず、植物由来のものは、肌そのものを活性化することはできないとされていますが、高い抗酸化作用と保湿力を持っているため、肌を保護したり肌の状態を改善したりする効果が高いという特徴があります。

一方の由来のものは、成長因子が細胞の活性化を促進して、肌内部のヒアルロン酸やコラーゲンなどの生成をサポートしてくれるので、肌が持つ本来の力を取り戻すことが可能です。

このように、同じ幹細胞でも植物由来のものとヒト由来のものでは特徴が異なるので、それぞれの特徴を十分に理解した上で幹細胞エキスが配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

関連記事