LPS(リポポリサッカライド)とは?効果や効能はあるの?

LPS?

「リポポリサッカライド」という言葉をご存じでしょうか?

LPSとはリポポリサッカライドのことで、日本語に訳すと糖脂質やリポ多糖となります。なぜ、LPSが話題になっているのかというと、アンチエイジングに効果があることが分かってきたからです。

身近なところにも存在している

細菌イメージ

そもそもLPSは細菌の外膜を構成している成分の1つで、身近なところに存在しています。

LPSが含まれる細菌の種類はグラム陰性細菌なのですが、土の中に生息していますし土に根をはる野菜や穀物にも含まれます。そういった野菜や穀物を食べることで、人の体の中にも取り入れられているのです。実は人の体の腸内にも多数の細菌が生息していて、グラム陰性菌も含まれています。

LPSは何か効果があるの?

LPSには、免疫・効能があります。免疫とはウイルスや細菌など外部のダメージから体を保護する働きのことをいい、人の体に元々備わっているものです。

免疫力が低下すると風邪をひきやすくなりますし、免疫力が高ければ病気になりにくくなります。若々しく健康な状態を維持するには、免疫力が欠かせません。

LPSは、免疫細胞であるマクロファージを活性化させる働きを持っています。マクロファージは体の中に侵入した異物を見つけ、それを取り込んで分解します。マクロファージが活性化すると、異物を取り入れて分解する能力が上がるとされています。

それにより風邪をひきにくい健康な体に近づけます。

健康イメージ

肌や美容にも?

また、マクロファージは傷の修復を助けたり、新陳代謝にも関わる免疫細胞です。肌は新陳代謝によって新しく生まれ変わっているので、新陳代謝が正常に行われないと肌トラブルが多くなってしまいます。肌がくすみがちになったり、シミやシワができやすくなったりします。

そのためLPSによってマクロファージを活性化することは、綺麗な肌を作るアンチエイジングに効果的なのです。

LPSを積極的に体に取り入れるには、含有しているサプリメントを飲んだりコスメを使用したりするのがおすすめです。

サプリイメージ

野菜や穀物などにも含まれていますが、その量は決して多いとはいえません。LPSは細菌に含まれる成分なので、野菜を育てる時に農薬を使ったりすると細菌も減ってしまいます。

それに伴いLPSの量も減るので、サプリメントを飲んだりコスメを使ったりする方がたくさん取り入れることができます。

特にアンチエイジング効果を期待したい場合には、コスメを使うのがおすすめです。瑞々しい肌を手に入れたいという人にLPSは有望視されています。

関連記事